Sano

血液化学データを用いて事実上あらゆるデバイスに継続的に
送信できるウェアラブルセンサーを開発しました。
同社はこのデータを、血流のAPIと呼ばれる
第三者の開発および分析プラットフォームに提供しました。

mnrcyoj2icpu8vmgiq0o.jpeg