top of page

Affectiva

Affectiva.png

ペガサスは、日本に拠点を置くCACホールディングスが資金提供するファンドから、Venture Capital as a Serviceの仕組みを通して、ボストンに拠点を置くAffectivaに投資しました。CACホールディングスは、金融サービス、テクノロジー、製薬業界向けのシステムインテグレーター企業です。

Affectivaは、MITのスピンオフ企業で、表情、スピーチや生理学的反応に基づき、人間の感情を認識するためのソフトウェアを開発しています。CACとAffectivaは、アジアの顧客向けに認識ソリューションを提供することを目的として、ビジネス提携しました。このビジネス提携をきっかけに、CACの支援のもと、 Affectivaは、アジア市場への進出に成功しました。

AffectivaのCEO、ラナ・エル・カリウビーは「ペガサスの投資のおかげで、CACと協業することができ、その結果アジア各地の様々な企業パートナーにAffectivaの商品を紹介することができました。当社は、自動車業界でのソリューションの実装に取り組む中で、ペガサスと緊密に協力し続けていきます。」と、述べています。

bottom of page